バーバリーブラックレーベル(BURBERRY BLACK LABEL)バッグの古着買取

バーバリーブラックレーベル(BURBERRY BLACK LABEL)バッグの古着買取

バーバリーブラックレーベルは男性をターゲットとしたメンズカジュアルブランドです。男性だけを対象にしたアイテムを発信していこうということを目的にスタートしたブランドです。男性だけという事があり、シックで大人の装いを醸し出したものが多くなっています。

バーバリーブラックレーベルとは

ハンカチや財布、コート、ジャケット、カフスボタンなどのビジネスアイテムはもちろんのこと、カジュアルに着こなすことができるデニムジーンズやカーゴパンツ、ニットなども販売されています。ちなみにこのレーベルは日本の企業がバーバリーとライセンス契約を結んで実現しているレーベルのため、バーバリーが自ら販売しているものではありません。日本ではアウトレットショップなどにバーバリーブラックレーベルとブルーレーベルが揃っているケースが多くなっています。
バーバリー自体は比較的、中高年層に人気があるブランドですが、バーバリーブラックレーベルは若年層でも購入しやすいような手ごろな価格が多いのが特徴です。とりあえず初めてバーバリーを手にしたいという人は、こちらのバーバリーブラックレーベルが手ごろで良いかもしれませんね。

今後バーバリーブラックレーベルはなくなる可能性もある?

上記でご紹介したようにバーバリーブラックレーベルは、あくまでもバーバリーがブランド許可を出したブランドなので、バーバリー本来の嗜好や趣旨とはやや異なっています。バーバリーとしてはバーバリープローサムとバーバリーロンドンが基本となっています。日本で業務提携している三陽商会が今後、バーバリーとの締結を終了することになればバーバリーブルーレーベルとバーバリーブラックレーベルは販売されなくなる流れになるでしょう。代わりの企業が締結する可能性というのもなくはありませんが、今は三陽商会のみが販売許可の受諾を得ています。
バーバリーブラックレーベルは1998年に販売が開始して15年以上が経過しています。しかし、2015年の6月をもって契約終了することが発表されていますので、もし更新されなければバーバリーブラックレーベルが消滅する可能性もあるといえるでしょう。現在、市場に出回っている商品を最後に、1年後には全く市場に出回らないというケースもあるかもしれません。バーバリーロンドンやバーバリープローサムより手頃な価格で購入できるのでリーズナブルなバーバリーを手に入れたいと思っている人にとってみれば、ちょっと寂しい話ですね。今後のバーバリーの業務展開にも目が離せません。
バーバリープローサムとバーバリーロンドンばかりだと高額になるので、買取業者などから安値で購入する人も増えていくことでしょう。

フェンディー(FENDI)バッグの古着買取

フェンディー(FENDI)バッグの古着買取

女性に人気のバッグといえば、フェンディーが有名ですね。フェンディー=バッグというイメージが浸透しているくらい、このフェンディーはバッグが全面に押し出ているブランドではないでしょうか。

フェンディーってどんなブランド?

フェンディーは1925年にイタリアのローマで革製品専門店としてオープンしました。当初は毛皮のコートなども人気を集めていましたが、やはり革製品を扱っているということで、バッグの人気が今では一番高いのではないかと言われています。そんなフェンディーですが、1965年にデザイナーのカールラガーフェルドを迎え入れてから、デザイン性も大きくアップしました。エナメル加工やステッチ加工など取り入れたのは、だいたいこのぐらいの時期です。
それまでも質感には定評がありましたが、デザイン性が大幅に上がったのは60年代後半からといわれています。1970年代に入ると革製品のみならず、人気のあった毛皮のコート、ジャケットなどを中心にアイテムの幅を広げてきました。さらにファッションアイテムだけではなく、今では香水なども発表して、特に女性のファッションコーディネート彩る全てのアイテムを発表しているブランドといえるでしょう。

フェンディーといえばやっぱりバッグが有名!

色々なファッションアイテムがリリースされるようになりましたが、やっぱりその中でも一番人気を集めているのはバッグですね。人気モデルが多くて有名人や芸能人の方でも対応している方が多いブランドの一つです。例えばフェンディーのトゥージュール、ピーカブー、バイザウェイ、バゲット、カメレオン、ペカンなどは使用している方も多いかもしれません。特に有名なのはバゲットではないでしょうか。フェンディーの中でも人気を集めているモデルの一つで、ラグジュアリーブランドとしての高級感と可憐さを与えてくれるバッグとして人気を集めています。
最近では日本にも数多くのアイテムが輸入してきて、フェンディー表参道店では数多くのバゲットが取りそろえられています。最新のアイテムはもちろんのこと、福島の伝統工芸でもある会津塗とコラボレーションしたバッグやイタリアの伝統手法でもあるシルク織りを取り入れたバゲットなども販売されていて、フェンディーファンにはたまらないアイテムが数多く揃っています。日本でも購入できるアイテムなので、特に大人の女性からの支持が高いブランドといえるでしょう。

アレキサンダーマックイーン(Alexander McQueen)の古着買取

アレキサンダーマックイーン(Alexander McQueen)の古着買取

アレキサンダーマックイーンは1992年に自身の名前を使って立ち上げたブランドが始まりです。比較的新しいブランドと言えますね。どのようなブランドかというと、イギリスのロンドンを発祥としていて、今ではパリコレなどにも出演するぐらい知名度を上げたブランドです。

アレキサンダーマックイーンとは

2015年の春夏コレクションでもその斬新なデザインが発表されていましたが、残念ながらデザイナーのアレキサンダーマックイーンは40歳で亡くなってしまいました。しかし、それでもブランドは継続されていて、今なおアレクサンダーマックイーンのブランドは世界中の人々から対応されています。実際に日本で発売されているのかといえば、まだそれほど店舗数はありません。ただ、東京には正規店はありませんが取扱店舗はいくつも存在します。ちなみに現在、日本では旗艦店や直営店こそありませんが、路面店やアウトレットショップなどは点在していて、東京を中心に大阪、名古屋、福岡などで取り扱っている店を構えています。

意外なコラボも実現しているブランド!

メンズ・レディース共にファッションアイテムが充実している印象のあるアレクサンダーマックイーンですが、今まではちょっと奇抜なデザインの印象がありました。その理由として、アーティストのビョークやレディーガガなどのデザインを担当していたというだけあって、奇抜なものばかり作るブランドという印象もなくはありませんでした。しかし、それを一変させたのがプーマとのコラボレーションではないでしょうか。プーマとコラボレーションで数多くのスニーカーデザインを出掛けました。おしゃれで独自性のあるデザインは多くの方から評価を受け、今でもそのスニーカーを追い求めている方が数多く存在します。
スニーカーは現在、日本でも流通していてネットショップなどで購入することが可能です。日本人でも履きやすいような落ち着いたデザインも数多く販売されています。しかもそれでいて個性は保ちつつ、作成されたシューズが多数販売されいます。特にキャンバス生地とレザーを取り入れたスニーカーは大変好評を博しました。価格はスニーカーとしてはやや高額ですが1万5000円程度が相場となっています。今なお人気を集めていて、アレクサンダーマックイーンとプーマのコラボのスニーカーは買取業者などでも流通しています。その際の買取価格は数千円程度がほとんどです。アレクサンダーマックイーンとプーマのコラボスニーカーは、スニーカーという消耗品なこともあり、新品又は新品同様のものしか買い取っていないのが現状です。

バーバリープローサム(BURBERRY PRORSUM)の古着買取

バーバリープローサム(BURBERRY PRORSUM)の古着買取

バーバリーと言うと真っ先に思い浮かぶのが、やはりバーバリーロンドンです。略してバーバリーと呼んでいる方は、だいたいこのバーバリーロンドンのことを指しているケースが多くなっています。一言でバーバリーと言っただけでも、実はいろんなレーベルがあってちょっとわかりにくい部分がありますね。

バーバリーの最高レーベルがバーバリープローサム!

そんな中で最も高級なアイテムを数多くリリースしているのが、バーバリープローサムといえるのではないでしょうか。バーバリーの格式をまた一段と上げたブランドとして世間では認知されています。確かに値段などを見比べてみても、今までのバーバリーロンドンと比べてもちょっと高いです。それだけ高級感を重視して作られたレベルといえるでしょう。

バーバリープローサムは日本人に合わない?

一般的なバーバリーロンドンよりも、バーバリープローサムの方がちょっとハイセンスで普段使いには難しいアイテムが揃っているといえるかもしれません。スタイルの良い方なら身につけても違和感がありませんが、日本人にはちょっと違和感のあるデザインやシルエットという印象も持たれています。日本人が身につける場合はバーバリーブラックレーベルやバーバリーブルーレーベルの方が日本人に合わせたデザインやサイズ感になっているので、着用しやすいでしょう。
それでもモード系スタイルが好きな人にはバーバリープローサムでも良いでしょう。ただ、バーバリープローサムは日本で多く流通しているわけではありません。正規店だけの取り扱いとなっています。少ないケースですが、輸入品を扱っているファッションサイトや海外ブランドを専門に扱ったところではバーバリープローサムを販売しているケースもあります。

日本にいながら、バーバリープローサムを手に入れるには!

全国各地に店舗があるわけではなく、一番品揃えが充実しているのはバーバリー六本木でしょう。バーバリー六本木ならなかなか手に入れることができないバーバリープローサムも、たくさんの品数があってコートやバッグ、アクセサリー類など品数も充実しています。インポートアイテムが多いので、なかなか今まで日本で手に入れるのが難しかったアイテムをここに行けば購入することができるでしょう。ちなみにバーバリー六本木以外ではインポート商品を扱った店舗は表参道と神戸と銀座に店舗があります。

セオリー(Theory)の古着買取

セオリー(Theory)の古着買取

アメリカのニューヨークで生まれたブランドとしてセオリーが挙げられます。セオリーはエリー・タハリーとアンドリュー・ローゼンがタッグを組んで1997年に設立したブランドです。

設立わずか2年で日本デビュー!

今やエリー・タハリーは独自のブランドも持っているほどの有名なデザイナーですね。セオリー時代とは違って、今はレディースブランドに特化したデザインを現在は開発しています。ェミニンな印象のものや反対にセクシーな雰囲気を醸し出したものまで、幅広いデザインが評価を高めてセレブからも人気が出ています。もう1人のアンドリュー・ローゼンは日本となじみのある人物です。日本人の経営者である佐々木力氏との接点があり、セオリーを設立してからわずか2年で日本進出を実現させた人物です。セオリーはニューヨークのみならず日本で、力を入れているブランドといえるでしょう。

最近のセオリーのデザインとは?

セオリーは男性ブランドが多く流通していましたが、今では男女どちらとも多くの品数がリリースされています。もともとモダンファッションの印象があるセオリーですが、ここ数年は革新的なデザインというものに貪欲に取り込んでいるブランドで、個性的なシルエットをしたジャケットやコートなども販売されています。そして、素材が非常に良いということでも知られていて、裏地にはビスコースを採用するなど見えない部分にもこだわりを持ったブランドです。そして、ここ数年ではユニクロと提携してセオリーとのコラボアイテムも発売するなど、日本と非常に結びつきのあるブランドといえるでしょう。セオリーとユニクロのコラボで販売したダウンジャケットなどは特に値段も安く、着やすさもあり高い評価を得ました。

セオリーの一般的なイメージといえば?

セオリーのアイテムというと、やはり紳士服などのフォ−マルアイテムが充実しているという印象がありますね。最近ではレディースもののアイテムもありますが、「Theory Men」という男性専用のショップも数多く展開されていて、どちらかというと、メンズアイテムという印象が強いブランドです。アイテムの多くはジャケットやコートが多く、他にはビジネスアイテムに対応した、リネンシャツなどが人気を集めています。価格も手が届かないほど高いというわけではなく、比較的安価なアイテムが多く、ジャケットやコートは数万円くらいで、高くても15万円程度といったところでしょう。
買取業者では数千円での購入も可能になっているので、どちらかというとポピュラーで手に取りやすいブランドといえるのではないでしょうか。

ラルディーニ(LARDINI)の古着買取

ラルディーニ(LARDINI)の古着買取

昔ながらの味わいを感じさせてくれるイタリアブランド!シックな装いで外出時に最適なジャケットやブレザー、コートなどが欲しければイタリアブランドのラルディーニはいかがでしょうか。

昔ながらの味わいを感じさせてくれるイタリアブランド!

ラルディーニがイタリア生まれのブランドで、1978年からの創業となっています。歴史の長さで言えば他のブランドに劣る部分がありますが、味わいのある落ち着きは他のブランドに勝るとも劣らない素晴らしい質感を誇っています。ビジネスシーンやフォーマルなシーンで着用できるようなデザインが数多く発売されているので、中高年を中心とした男性に特に人気のあるブランドです。創業当初は落ち着きのあるデザインが好評を得ていた一方で、見方によってはちょっと古臭いといった印象を持つ方もいました。
しかし、近年はその味わいの良さと、新鮮さを共有したような程よいカジュアル感を生み出し、より一層着用しやすくなったと評判を呼んでいます。

ラルディーニのデザイン的特徴とは?

ラルディーニのジャケットやコートを着用してみるとわかりますが、全体的に素材がやわらかく、角ばったようなシルエットになっていないのが特徴です。それはラルディーニの方針として、パットや芯などの形を整える資材をあまり多くは使用していないということが挙げられます。できるだけ体のラインに合わせて無理なく着用できるということにこだわった採寸となっており、着た時の重さや、かさばった感覚などがない、身軽な印象を与えてくれるジャケットやブレザーが多くなっています。
ジャケットは3つボタンを取り入れたシンプルなものが中心に流通していて、カラーリングはネイビーやブラックが多く、年配の方でも着用しやすいデザインといえるでしょう。ジャケットの種類としてはスーツ系の麻を使用したジャケット、ブレザー系のウールを使用したジャケットが多くなっています。レザージャケットやダウンジャケットなどの素材はあまり販売していないブランドです。

ラルディーニの価格相場はどのくらい?

ラルディーニのジャケットはもちろん質にもよりますが、ウール地のスーツであれば10万円から15万円程度といったあたりが相場といえるのではないでしょうか。古着で購入する場合は10万円以上で購入する機会はほとんどありません。だいたい質にもよりますが2万円から4万円程度の価格で数多く流通しています。比較的コアなブランドと言えるので、コピー品や偽物などの心配はないと言えるブランドです。

ゼニア(Zegna)の古着買取

ゼニア(Zegna)の古着買取

クールな印象が男性の魅力を引き出し、男らしさをアップさせてくれるイタリアのブランドといえばエルメネジルド・ゼニアです。

イタリアの長寿ブランドといえば

ゼニアは1910年から創業がスタートしているということで、かなり老舗ブランドと言えますね。ここまで長い歴史を持つブランドはなかなかありません。すでに100年以上が経過しているブランドなので、紳士服の中ではかなりの長寿ブランドといえるでしょう。特にジャケットやコート、あるいはネクタイやベルトなどのビジネスアイテムが充実しているブランドです。昔から紳士服を扱っていたということで毛織物の生産や生地の質には定評があります。色使いなどは華美なものは扱わず、シックなもの中心に扱っているブランドといえます。大人の男性に向けた最適なブランドと言えますね。

ゼニアが日本で人気が出たのは近年!

歴史のあるブランドですが、日本ではそこまで知名度があるわけではなく、比較的、知る人ぞ知るといった感じのブランドだったといえるのではないでしょうか。しかし、2009年に東京でエルメネジルド・ゼニアのグローバルストアがオープンしてからは、徐々に日本での浸透度も上がり、知名度がアップしたという印象があります。ちなみに店舗は東京の新宿にオープンして、今でもゼニアファンがつめ掛けている店舗となっています。シックなメンズウェアの代表的イタリアブランドということもあって、30代から50代くらいの男性に特に愛用されています。

ゼニアのアイテムはいくらぐらい?

ゼニアは昔はコートやジャケットなどが中心でしたが、今ではメンズアイテム全般をリリースしています。品数も豊富でニットやシャツ、ポロシャツ、ブルゾン、パンツなどほぼ全てのアイテムを取り揃えているといえるでしょう。例えば不動の人気ともいえるコットン&カシミヤジャケットだと、30万円前後が相場となっています。中にはアルパカの素材を使った個性的な着心地の良いジャケットも存在します。その他アイテムを見ていくと、普段着れるようなポロシャツは5万円前後となっています。コットンやシルクを取り入れた素材となっているため、高額になりますが、その分、質の良さは絶品です。
定価での取引となると、かなり高額なものが多いので、買取業者などを利用して古着を入手するという方法も検討してみると良いかもしれませんね。ゼニアは古着でも、質が良いので快適な着心地を感じることができるでしょう。

ハイドロゲン(HYDROGEN)の古着買取

ハイドロゲン(HYDROGEN)の古着買取

スポーツウェアやジャージ、ランニングウェアなどに定評のあるブランドと言えばハイドロゲンが有名ではないでしょうか。動きやすいファッショナブルなデザイン性を兼ね備えていて、アクティブなシーンに着用できることで話題を集めているブランドです。

スポーツ系の人気ハイブランドといえば!

わかりやすく、見た目のデザインはHの文字がロゴとして刻印されているので、ひと目でハイドロゲンの商品とわかりますね。さりげなくロゴを記載しているブランドもありますが、やっぱりひと目で見た目で分かった方がブランドの存在感もあって、着た時の優越感に浸ることが出来、嬉しいという人も多いのではないでしょうか。例えば、一般的なスウェットなどは着用すると、野暮ったいイメージやちょっとダサい印象すらあるかもしれませんが、ハイドロゲンのスウェットなら外出時でも気軽にファッショナブルな印象を与えることができますので、これまでのスウェットの印象を覆してくれるのではないでしょうか。

ハイドロゲンの人気アイテムとは!

ハイドロゲンというと、やっぱりジャージやスウェットが最初に思い浮かぶという方が多いかもしれません。確かにこのようなスポーツウェアが充実しているブランドで、動き易さと同時に繊細なデザインにもこだわりを見せています。例えばジップアップ部分のチャックや、リブ使い、カレッジ風のワッペンなどパーツごとにこだわりを見せてくれるブランドといえます。でもはっきり言って、ちょっと値段的にはスウェットやジャージの固定観念を覆すほど高額なアイテムとなっています。
例えば、ジャージ上下セットでも5万円ほどするものが販売されています。ちょっとこれでは手が出ないという方は買取業者を利用して手に入れるというのも良いかもしれません。ハイドロゲンの古着も数多く流通してますので、それであれば多少安い価格で購入することができます。

最近はファッションアイテムも充実!

最近のハイドロゲンはスポーツウェアだけじゃなく、アウターのダウンジャケットやパーカー、コートなども充実しています。近年ではスマホケースなども販売されていて、一時期のスポーツウェア中心といったものからファッションアイテム全般にまで間口を広げて数多くのアイテムをリリースしています。最近はヴィンテージ加工を施したデザインや、スパンコールを取り扱ったデザインのものもあったりと、デザインの幅を広げている印象もあります。今後も高い人気を維持していくブランドといえるでしょう。

クロムハーツ(chrome hearts)の古着買取

クロムハーツ(chrome hearts)の古着買取

ごつくてカッコいいデザインといえば、いくつかのブランドがありますが、ドクロやチョーカーなどのアイテムが人気のブランドといえば真っ先に思い浮かべるのがクロムハーツではないでしょうか。

ワイルドな印象を与えてくれるクロムハーツ!

クロムハーツが登場して以来、クロムハーツを真似たデザインのアクセサリーがかなり流通しましたね。そんなアクセサリー類の先駆け的な存在のクロムハーツですが、ブランドが始まったのは1988年からです。アメリカを拠点とするファッションブランドですが、むしろアメリカよりも日本での知名度の方が上がっているかもしれません。それぐらい日本の男性ファンが多いブランドの一つと言えます。

バイク好きのデザイナーが手がけたブランド!

このクロームパーツをデザインした方はリチャードスタークさんと呼ばれる方です。この方はもともとハーレーダビッドソンなどのバイクが好きな方ということもあり、そのバイクを乗った時に似合うようなデザインというものを意識して作ったということがクロムハーツ発祥のきっかけとなっています。確かにハーレーダビットソンと合わせたかのようなゴツゴツしとしたワイルドなイメージのあるデザインがクロムハーツには多いですね。そういったワイルドな雰囲気や、尖った雰囲気、アグレッシブさを出しているのがクロムハーツの特徴といえるでしょう。

日本での人気は20年以上!

クロムハーツが日本で最初に取り扱われたのは1990年代前半と言われています。今日までその人気がとどまらず、継続的な人気を維持していますから、すでに20年以上安定した人気を誇っているということになりますね。クロムハーツの中でも男らしい印象を与えてくれるクロスのペンダントやネックレスは、高い人気を誇っています。よくまがい物もクロムハーツに似たアクセサリーが雑貨屋などで販売されていますが、そういったものはほとんどが1万円以下で販売されています。
しかし、やっぱり本場の本物のクロムハーツの値段はそんな価格では手に入れることはできません。どんなに安くても10万円以上するようなアクセサリーばかりです。

値段を考慮するなら買取業者もオススメ!

どうしても手に入れたいけど、10万円以上の価格は出せないという方は直輸入している買取業者などの購入も検討してみても良いかもしれませんね。ただ、クロムハーツのアイテムを手に入れるときはハワイで作成されたものなど、生産地が違ったりするので注意しましょう。鑑定をしっかりと行っていて、保証書が付いているかどうかもチェックしてみてください。

レディースブランドの古着買取

レディースブランドの古着買取

女性に人気のあるアイテムで需要があるブランドといえば、プラダやグッチ、シャネルなどが王道と言えますね。他にもエルメスやコーチ、ルイヴィトンなどが存在します。ただ、「もう少し価格を落として購入できるものはないのか」ということを考えている方もいることでしょう。そんな方におすすめなアイテムをいくつかご紹介していきます。

ハイブランドでありながらも比較的安価なものといえば!

そこまで高額なものというわけではないけれど、ハイブランドなアイテムを楽しむことができるものといえばケイトスペードです!ケイトスペードなら、例えば財布でも3万円程度で購入できるものも存在しますし、バッグを5万円前後で購入できるものが多くなっています。ケイトスペードなら長年人気があり、かなり知名度もあるので持っているだけでオシャレな雰囲気を醸し出し、周りからも好感度が上がること間違いありません!なんとなくデザイン性でバーバリーなどに似た印象を持つ方もいるかもしれません。それもそのはず、バーバリーのデザインを手がけていたロイド氏が、現在はケイトスペードのディレクターを務めているので、そのような雰囲気を醸し出しているのかもしれませんね。

手ごろな価格のブランドで女性に人気のものといえば!

価格面を考慮して、有名なブランドを選ぶならZARAが挙げられます。ZARAは日本だけでなくてアメリカやヨーロッパなどでも人気が高くて、世界的にもかなりスタンダードなブランドです。その数、全世界で1600店舗以上あるということで、もはやファッションブランドの代表的な存在と言っても過言ではありません。日本でも東京中心に全国に50店舗以上拡大しているので、ZARAの店舗を見かける機会も増えてきました。特徴としては狭いターゲットではなく、いろいろな人に愛されるデザイン性とサイズが揃っているということです。年代も10代の方が着用しているケースもありますし、逆に40代以上の方にも似合うデザインをリリースしていたりもします。

少しでも安く購入したいのなら買取業者を利用するのもお勧め!

ZARAなどであれば、そこまで古着に拘らなくても購入できる価格と言えますが、ケイトスペードやその他のハイブランドはちょっと、人によっては価格が高いという印象を持つ方もいるかもしれませんね。そんな方は定価の3割から4割程度で販売されている買取業者というのも、視野に入れても良いかもしれません。

1 2 3 6